FC2ブログ

ご褒美と罰 

子どもの躾、教育に当たり前に使っていると思います。
心理学ではご褒美では無く、強化(行動を増やす)と言います。正(何らかの刺激の有無)の強化や負の強化、正の罰、負の罰という言い方をしますが、誤解が生じやすいです。本来は、刺激の有無によって行動が増えるか減るか、という事なので、間違った言い換えですが、
分かりやすく、
(何かを) 与えられるご褒美
与えられないご褒美
与えられる罰
与えられない罰
と言い換えてみます。
与えられるご褒美・罰はそのままの意味です。
与えられないご褒美とは、罰(嫌な事)が無かった、という意味です。
与えられない罰とは、ご褒美(望んでいた事)が無かった、という事になります。
例えば
良い事をしたからお菓子を貰った
〃 叩かれなかった
悪い事をしたから叩かれた
〃 オヤツ抜き
自分の言語訓練のスタンスは、問題行動に対して叱るよりは、適切な行動が出来たらご褒美(褒める,オモチャを出す,出来たシールを貼るなど)という形です。
ただ、その子の性格や課題の内容に応じて使い分け、効果のある方法を探します。

訓練において難しいのは、やって当たり前に思える行動に対してです。

例えば、大人で考えてみると
信号を守ったから褒められた?
〃 捕まらなかった
信号を無視したから捕まった
〃 褒められなかった?

すぐ離席する子がいたとします。
座り続ける事自体が、本人にとって努力を要するなら、1分間座っているだけでご褒美を与え、座るという行為を増やします。こちらが、座ってて当たり前だと思ってしまうと、座っている事を褒められません。
離席してから罰を与えても、はたして適切な行為(座る)を増やせるのか。動機、効果の面から、あまり良い対応とは言えません。
離席したらご褒美が貰えない、という罰の方がまだマシでしょう。

ややこしい事をいうと、離席する事自体がその子にとってご褒美(じっとしてなくていい)になっていると、離席以上のご褒美、または罰が必要かもしれません。

分かっていても叱ってしまいますが、せめて「腹が立つから怒る」とはならないようにしてます。

次回は問題行動の具体例か、訓練プランの組み立て方か、どちらかにします。
高木

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN
  
copyright © 2005 (n‘∀‘)η豊田バプテスト教会 活動BLOG all rights reserved. Powered by FC2ブログ