FC2ブログ

創世記から~はじめはベジタリアン 


世界に罪によって”死”が入る前の世界は、
弱肉強食ではなかったので、肉食獣は存在しませんでした。

「地のすべての獣、空のすべての鳥、地をはうすべてのもので、
いのちの息のあるもののために、食物として、すべての緑の草を与える。」すると、そのようになった。 創世記1:30


現在の肉食獣たちが存在しなかったということではなく、
みんな草食だったということです。ライオンも草を食んでいたんです。
かわいかったでしょうね~。

当然ですが、人間も肉を食べておりませんでした。

「見よ。わたしは、全地の上にあって、種を持つすべての草と、
種を持って実を結ぶすべての木をあなたがたに与えた。
それがあなたの食物となる。」 創世記1:29


私は、幼少期からあった食物アレルギーが、数年前に本格的に出て、
今まではちょっとくらいならいいかな~と、食べたりしていたけど、
ある時、数日間非常に苦しんだ体験をして以来、もうきっぱりやめようと、
動物性たんぱく(肉・卵・乳製品)、小麦、エビを完全に断ちました。

食べるものないじゃん!何食べているの?とよく聞かれますが、
意外と困っていません(笑)

初めはね、ヨーグルトや麺類、パンや焼き菓子系が食べたくなって
悶々としたけど、、、あの数日間の苦しみを思い出して、自分を戒めて乗り越えました

栄養が偏るとか、いろいろ心配されるけど、
よく考えたら、最初の世界は草食だったし、ベジタリアンだったわけよ。
てことは、ベジタリアンでも必要な栄養は確保できるってことだよね

旧約聖書ダニエル書にもベジタリアンの話があります。
バビロンの王様の宮廷に仕える少年たちを選び、三年間養育する場面で、
ダニエル、ハナヌヤ、ミシャエル、アザルヤの少年たちが
王様のごちそうを頂くことを拒んで、野菜と水だけを要求し、
彼らと同じようにして連れてこられた他の少年たちとどう違いがでるかをみてほしいと、
願い出る話があります。
10日後、それぞれの様子をしらべてみると、体格差がなかった、というより、
他の少年たちより「肥えていた」とあります。すごっ!
※少年たちが王様のご馳走を拒んだ訳は当然ながらアレルギーではありません(笑)
 詳しいお話は、この学びシリーズのダニエル書の時に書きますね。

もひとつ、プチ雑学、、、
乳製品アレルギーの主な原因はカゼインという物質なんですが、
”乳”の中で、唯一カゼインが含まれていない”乳”があります。
なんでしょう??

正解は「母乳」です。

アレルギー反応というのは、ある意味”生きる”ために体を守る反応の一つです。
だから、体に害を及ぼすものを排除しようとするんですよね。
花粉症の鼻水や咳なども同じ原理です。

仕方なく人工乳に頼らざるを得ない場合もありますが、
普通は母乳で育てられます。
その赤ちゃんにとっての栄養源にアレルギー物質が含まれていないことは
創造主の愛と御配慮を感じます。
(もちろん、母親の食事が母乳に影響しますから、母乳っ子=ノンアレルギーではないです)

細部にわたる、神さまの愛に感謝

φ(.. )ベジータ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN
  
copyright © 2005 (n‘∀‘)η豊田バプテスト教会 活動BLOG all rights reserved. Powered by FC2ブログ