FC2ブログ

こどもクリスマス会2016~追記 

※先日日UPした子どもクリスマスの一場面追記。

風船ゲームの写真、一枚もらったのに載せ忘れてたーーー!

IMG_05530.jpg

一枚だけですがな、、せっかくなので

写真ばかりがどんどんたまっていく~
はやく記事に起こさなきゃ

UPついでに、子どもクリスマスでお話しした内容をもすこし掘り下げて・・・

清く正しい心を持っているかのように見えるネロも、
おじいさんが亡くなって独りぼっちになった後、誰にも頼らずに生きていました。
周囲に大人たちもいたし、友達もいたのに、甘えることもいないで。
社会的に弱い存在の子どもが一人でです。犬一匹いましたけどね。
強がりですよね。

…でも、わかるんです。
自分もネロほどの境遇ではないけど、同じような”強がり”があるのでね。
実際は何にもできないんですよ、でも「頼らないぞ」「甘えないぞ」と意固地になるんです。

これこそ、罪の心です。

犯罪は犯していなくても、決して清く正しい人間ではない。
自分の思う正義が本当の正義とは限らない。

こういう罪こそ、「罪だ」と気づいた時のショックは大きいんですよ

そして、絵画展に落選したネロの落ち込みと自暴自棄(←原作だとすごいです)
自分は何の取り柄もないんだ、自分は何もいいところがないんだ、、
いなくなってしまっても誰も気にしないくらいのちっぽけな存在なんだ・・・・
そんな思いから、自分を悪い意味で犠牲にして生きる。
自分を大切にできない、、、、これも罪です。

もぅね、この辺もネロと自分がすごく重なってしまうのね。

なぜ”自分を大切にしない”ことが”罪”なのか?
私たちを形づくられ、いのちを与えてくださった神さまは、
人が見るように見ない(人間の基準で評価されない)からです。
ご自身のいのちを注いだ存在として、愛し慈しんでくださっているのです。
何ができてもできなくても、そんなことで評価(あなたの魂の価値)は変わらないのです。

だから、自分を大切にしないことだけではなく、
「自分はダメだ」 「自分はバカだ」 「自分なんていなくてもいいんだ」なんて思うことは
神さまの心に反する思いなので、罪なのです。

そもそも「自分はダメ」「自分はバカ」「いいところが無い」「役立たずだ」というのは
ウソなんですよ。ウソをいつの間にか信じて、そのように生きているのです。

神さまは私を愛しておられると信じないといけないです。事実ですから!

…でも、そうそうすぐに思いは変えられないのですよ。
またすぐに悪い思いがむくむくでてきて、自分を泥沼に引き込んでいきます。
だから、人間の努力ではなく神さまからの救いが必要だったのです。

イエス様は十字架ですべての罪を負って身代わりに死なれました。
そうでなければ、赦されなかったし、罪から解放されなかったのです。

おっと えらい長文になってしまったぞ・・・

そのような救いを受けたことに感謝です。
まだまだ苦しみの中にある方々が、この救いに導かれますように・・。

φ(・‐・ ) 私はネロみたいな清く正しい子ではなく…ワルイ奴だった(笑)

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN
  
copyright © 2005 (n‘∀‘)η豊田バプテスト教会 活動BLOG all rights reserved. Powered by FC2ブログ