FC2ブログ

「いのち誕生の法則」ルカによる福音書9:22~25 

いのちの起源
 生命の起源、DNAはDNAからしかできない。
人のDNAのはしごは約30億段あり、そのはしご段は4種類の塩基からなり、その4種類の塩基の並びで、すべての生物の形態、内臓、神経などの情報が書かれている。
では、どのように最初のDNAができたか?
文は文字の配列である。特別な配列(ことば)に意味(情報)がある。ではDNAの配列(情報、ことば)はどこから来たのか?

初めに、ことばがあった。
ことばは神(創造主)とともにあった。
ことばは神(創造主)であった。
この方は、初めに神(創造主)とともにおられた。
すべてのものは、この方によって造られた。
造られたもので、この方によらずにできたものは一つもない。
   (ヨハネの福音書1:1~3)


なぜなら、万物は御子にあって造られたからです。
天にあるもの、地にあるもの、見えるもの、
また見えないもの、王座も主権も支配も権威も、
すべて御子によって造られたのです。
万物は御子によって造られ、御子のために造られたのです。
   (コロサイ人への手紙1:16~17)


人は何のために生まれてきたのか?
 パチンコで大当たりをしてショック死した人のニュースがあった。このように、「好きなことをして死んだら本望」と言う人もいるが本当だろうか?私たちは好きなことをして死ぬために生まれてきたのだろうか?
 どんな物でも造られた本来の目的とは異なる使われ方をしたら、能力を発揮しないばかりか、壊れてしまう。私たちも「造られた目的」を無視して、名誉、権力、野心、お金・・・などを手に入れることばかりを目標に生きていたら、結局、自分で自分を滅ぼすことになる。
 本来は創造主によって目的をもって造られ、創造主に生涯導かれて生きていく存在であったはずなのに、人間は創造主を無視し、自分自身が全主導権を握って、自分で生き方を模索する人生にしてしまった。しかし、この状態こそが、自分のことしか考えず、人目を気にしてばかりの窮屈な(不自由な)人生であることに気付いていないのです。だから、イエス・キリストが必要なのです。
 イエス・キリストは、私たちを愛し、私たちに真の自由を与えるために来て下さいました。真の自由を得るために、もういちど「創造主と私」という関係を回復させ、本来の造られた目的に従って生きるように。そして、横(人間関係)だけ見た生活ではなく縦(創造主との関係)を見て歩むようにと。

イエスは、みなの者に言われた。
「だれでもわたしについて来たいと思うなら、自分を捨て、
日々自分の十字架を負い、そしてわたしについて来なさい。
自分のいのちを救おうと思う者は、それを失い、
わたしのために自分のいのちを失う者は、それを救うのです。
人はたとい全世界を手に入れても、自分自身を失い損じたら、
何の得がありましょう。
   (ルカによる福音書9:23~25)


 このことばは「取り引き」ではない。まず、イエス・キリストの方が先にいのちを投げ出してくださいました。そのお方にいのちを差し出せば(心を差し出す、心の結婚をする)新しいいのちが頂けるというすばらしい約束です。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN
  
copyright © 2005 (n‘∀‘)η豊田バプテスト教会 活動BLOG all rights reserved. Powered by FC2ブログ